ジム・ロジャーズ氏:米国は最悪のリセッションに-ドル資産売却へ

投資家ジム・ロジャーズ氏は7日、 米経済はリセッション(景気後退)に向かっているとの見方を示すとと もに、世界の通貨に圧力がかかっており、投資家はドルを売るべきだと 助言した。

同氏はシンガポールからブルームバーグテレビのインタビューに応 じ、「近年では最悪のリセッションの一つとなろう。というのも非常に 多くの行き過ぎが見られるからだ」と述べた。「通貨は一段と圧迫され、 世界的にインフレが高進しているなかで、われわれすべてにとって悪い 状況になろう」と語った。

さらに同氏は、米国と英国政府はこれまでインフレに関してうそを ついてきたと指摘するとともに、ドルとポンドに売りを出したと明らか にした。

ドルは年間ベースで2007年も前年に続き下落。米サブプライム(信 用力の低い個人向け)住宅ローン市場の混乱で3回の政策金利引き下げ が誘発されるなか、ドルは貿易加重平均ベースで07年に8.3%下落した。 エネルギーと食品価格の上昇で欧米ではインフレが高進している。

同氏は「私は今年末までにドル建て資産を解消したい。ドルには非 常に大きな欠陥があり、今後何年間にもわたり強い圧迫にさらされよ う」と付け加えた。

農産物が有望

同氏はさらに、世界的なリセッション(景気後退)を想定した商品 投資としては、農産物が最も有望だとの考えを明らかにした。

同氏は「リセッションを懸念しているなら、農産物商品の買いを検 討すべきだ。農産物は世界経済がどうなろうと堅調になるだろう」と続 けた。

さらに、綿花とコーヒー、砂糖が特に上昇すると予想。原油につい ては前週、1バレル=100ドルを超えたため、「買わない」と述べた。 米景気の失速から需要が減少するため、スズや鉛など工業用金属も買い を勧めない考えを明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE