ジム・ロジャーズ氏:商品投資では農産物が最も有望、原油は敬遠

投資家ジム・ロジャーズ氏は7日、シンガ ポールからインタビューに応じ、世界的なリセッション(景気後退)を想定し た商品投資としては、農産物が最も有望だとの考えを明らかにした。

同氏は綿花とコーヒー、砂糖が特に上昇すると予想。原油については前週、 1バレル=100ドルを超えたたため、「買わない」と述べた。米景気の失速か ら需要が減少するため、スズや鉛など工業用金属も買いを勧めない考えを明ら かにした。

ロジャーズ氏は「リセッションを懸念しているなら、農産物商品の買いを 検討すべきだ。農産物商品は世界の経済がどうなろうと堅調になるだろう」と 述べた。

ウクライナやオーストラリアの干ばつで穀物の収穫が減少。バイオ燃料向 けの需要が高まっていることもあり、小麦価格は前月に過去最高値を付けた。 トウモロコシや大豆も数年来の高値圏にある。アジアからの需要増のほか、生 産能力改善に向けた設備投資が不足しているため、商品価格は7年連続で上昇 している。

ロジャーズ氏は「商品価格は上昇しているが、今後はさらに上昇するだろ う。それが需給のバランスをとる唯一の方法だからだ」と述べた。

さらに、ドル安も米国外で原油や小麦など資源の価格を押し下げるため、 商品高につながっているとの見方を示した。ただ、ドルが強含んでも供給が不 足しているため、商品は上値を追うと予想した。

同氏は「すべての商品はあと10年、供給不足が悪化する。そのため、ド ルが上昇しても商品は上昇するだろう。ドルには非常に大きな欠陥があるとい う事実が駄目押しになっている」と語った。

ロジャーズ氏は2001年に商品相場の上昇基調が始まる前の1999年に強 気な見方を示したことで知られている。同氏の「ロジャーズ国際商品指数」は 98年の設定以来、4倍以上に跳ね上がっている。この間、ダウ工業株30種平 均の上昇率は44%にとどまっている。

同氏は工業用金属について、今後数年以内に投資の機会が訪れる可能性が あるとの見方を示した。工業用金属6銘柄で構成するロンドン金属取引所(L ME)指数は昨年5月のピークから22%下げている。

ロジャーズ氏は「もう少し調整が必要だ。強気相場が終わったとの見方が 広がったら、再び金属に買いを入れる時期だ。現段階では卑金属は買わない。 恐らく、今後1年か2年のうちに大きな買いの機会が訪れよう」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE