中国株(午前):CSI300指数、4日続伸-上海浦東発展銀など高い

7日午前の中国株式相場は4営業日続伸と なり、CSI300指数は約2カ月ぶりの高水準に達した。

上海浦東発展銀行と万科企業を中心に金融株が高い。中国人民元が対ドル で過去最高値を付けたことを受け、人民元建て資産の需要が増加するとの見通 しが強まった。

HSBC晋信基金管理の投資マネジャー、閻冀氏(上海在勤)は「人民元 上昇が今年加速し、それが銀行・不動産株の持続的な押し上げ材料になるだろ う」と指摘した。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCS I300指数は現地時間午前11時半(日本時間午後零時半)現在、前週末比45.68 ポイント(0.8%)高の5529.33。このままいけば終値ベースでは昨年11月 1日以来の高水準となりそうだ。

米シティグループが出資する上海浦東発展銀行(600000 CH)は3.09元 (5.8%)高の56.10元。中国最大の上場不動産会社、万科企業(000002 CH) は0.81元(2.8%)高の30.05元。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE