米国債見通し:2年債に妙味なし-利下げでも1989年の再来は望めず

米国の住宅市場は第2次世界大戦後で最悪 の不況に見舞われている。米連邦準備制度はひどいリセッション(景気後退) を回避しようと全力を尽くしている。短期米国債の投資家にとっては良い環境 だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。