任天堂株が1カ月半ぶり6万円割れ、ゲーム機販売減速の報道や格下げ

任天堂の株価が主力取引所の大証1部で、 前週末比3900円(6.1%)安の5万9700円と3日続落。終値では昨年11月21 日以来、約1カ月半ぶりに6万円を割り込んだ。米ゲーム市場に関する弱気報 道や為替相場の円高傾向などをきっかけに朝方から売りが先行し、一時は

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。