12月の新車販売は21カ月連続マイナス-年間ベースは3年連続の減少

2007年12月の国内新車総販売台数は、21カ 月連続して前年を割り込んだ。登録車が3カ月ぶりのマイナスに転じたほか、軽 自動車は9カ月連続の前年割れだった。この結果、07年の年間販売台数も3年 連続のマイナスとなった。

日本自動車販売協会連合会(自販連)が7日発表した12月の登録車販売台 数は、前年同月比7.1%減の23万6142台。また全国軽自動車協会連合会(全軽 自協)が同日発表した同月の軽販売台数は同14%減の13万1644台だった。こ の結果、新車総販売台数は同9.8%減の36万7786台となった。

また07年の新車総販売台数は前年比6.7%減の535万3645台と、1982年 (526万1431台)以来の低水準となった。このうち登録車は同7.6%減の343万 3829台と4年連続、軽は同5.1%減の191万9816台と4年ぶりに、いずれも前 年を割り込んだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE