米株見通し:昨年予想外したレブコビッチ、コーエン両氏は今年も強気

3.5%高で終了した昨年のS&P500種株価指 数。米シティグループのトビアス・レブコビッチ氏やゴールドマン・サックス・ グループのアビー・ジョゼフ・コーエン氏など米国株ストラテジストらは、顧 客向けリポートで少なくともその2倍の上昇率を予想していた。

昨年のS&P500種は、ストラテジストの予想平均(9.3%高)を下回る上 昇にとどまった。それでもストラテジストは、予想が外れたのではなく予想が 早過ぎただけだとの立場を崩していない。

シティのチーフ米国株ストラテジストを務めるレブコビッチ氏(46)は、 電話インタビューで、現在の米株市場について「歴史的に見て常に上昇した状 況と同じ段階に達した」と指摘。2008年はS&P500種が1675ポイントに上昇 すると予想した。4日の終値は1411.63ポイント。

ゴールドマンのチーフ投資ストラテジストのコーエン氏(55)も、S&P 500種は昨年末終値比14%上昇すると予想。経済成長の持続に伴って企業利益 が回復し、株高になるとみている。

昨年のS&P500種の上昇率は、金融株が1990年以来の大幅安になったの を受け、ハイテク株が大幅に下がった2002年以来5年ぶりにストラテジストの 予想平均を下回る水準にとどまった。一方で02年の翌年から06年までの4年 間は、S&P500種の年間上昇率がストラテジスト予想を平均5.5ポイント上回 った。

ブルームバーグが先週まとめたアンケート調査によると、ストラジストの 今年の予想は11%高と、過去5年間で最も強気だ。

最悪の幕開け

だが今年の米国株市場は、過去8年間で最悪の幕開けとなった。先週発表 された雇用や製造業に関する経済指標を受けて、リセッション(景気後退)入 り懸念が高まったのを背景に、S&P500種は今年最初の3営業日で計3.9%安 と、同4.6%安だった2000年に次ぐ大幅下落を記録。ダウ工業株平均は同3.5% 安、ナスダック総合指数は同5.6安だった。

ハリス・プライベート・バンクの投資責任者、ジャック・アブリン氏(48) は、ストラテジスト予想は非現実的だと語る。住宅価格低下や金融機関の住宅 ローン関連の評価損拡大を背景に、米経済はマイナス成長になるとみている。

アブリン氏は「利益成長見通しは依然としてかなり外れている」と指摘。 必要に応じて見通しを下方修正していることを明らかにした。

フィデュシアリー・トラスト(ボストン)のマイケル・マレーニー氏(53) は、燃料コストの拡大が個人消費の縮小やインフレ加速につながると予想。今 年のS&P500種の上昇率は5-6%程度にとどまるとみている。先週のニュー ヨーク市場では、原油先物相場が一時初めて1バレル=100ドルを超えた。

マレーニー氏は「抑制された相場展開になる」とし「われわれは、投資家 が株式に追加投資することはないとみている」と語った。

「渦巻きバネ」

結果として、昨年のS&P500種の上昇率を実際より9.3ポイント高く予想 したレブコビッチ氏は、今後の株高予想の根拠として、昨年10-12月期の株安 により、債券に比べ株式が割安になったことを指摘。昨年振るわなかった銀行 や小売株が景気拡大に伴う業績改善を追い風に上昇相場を主導するとの見通し を示した。

S&P500金融株指数は昨年21%安と、業種別10指数で最大の下げを記録。 小売株指数も18%安と、過去5年間で最大の下落になった。

レブコビッチ氏は、昨年12月18日付の調査リポートで「現在のわれわれ の予想通りにリセッション入りが回避されれば、金融や小売株など最も売られ たセクターの一角が、渦巻きバネの役割を果たす公算が大きいとみている」と 記述した。

利下げ、ドル

コーエン氏が昨年初めに示したS&P500種上昇率予想は、実績を5.8ポイ ント上回る結果となった。それでも今年は、連邦準備制度理事会(FRB)の 利下げとドル安を背景に、S&P500種企業の営業利益が前年比5.6%増と、昨 年(同0.7%)を上回る伸びになると予想している(12月4日付の調査リポー ト)。ゴールドマンの広報担当によると、コーエン氏はコメントを控えた。

労働省が4日発表した12月の雇用統計では、非農業部門雇用者数の伸びが 予想以上に縮小。失業率も2年ぶりの高水準に上昇した。発表を受けて、FR Bが景気下支えのために今後も利下げを継続する確率が高まった。

昨年の利下げ幅は計1ポイント。フェデラルファンド(FF)金利先物を 基準にした予想によると、トレーダーの間にはFRBが今月、政策金利を0.25 ポイント引き下げ4%にするとの予想が優勢だ。

オッペンハイマー・キャピタルの投資責任者、コリン・グリンスマン氏は 「すべては今後の見通しにかかっている」と指摘。「金利は低下し、景気見通し は1年前よりも楽観的になる」との見方を示し、S&P500種は少なくとも10% 上昇すると予想した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE