米ウォール街、「SPAC」が有望な収入源に-投資リターンは見劣り

米ウォール街では、サブプライムローン(信 用力の低い個人向けの住宅融資)担保証券市場の枯渇を受け、販売する製品も 利益も売上高もない「特別目的買収会社(SPAC)」と呼ばれる企業買収に特 化した投資ファンドが、有望な手数料収入源になっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。