「ナショナル・トレジャー」が2020万ドルで3週連続首位-北米映画

週末の北米映画興行収入ランキングで、アク ション・アドベンチャー映画のシリーズ物「ナショナル・トレジャー/リンカ ーン暗殺者の日記」(米ウォルト・ディズニー制作)が2020万ドル(約22億円) で3週連続首位となった。

調査会社メディア・バイ・ナンバーズの6日の発表によると、唯一初公開 となったホラー映画「ワン・ミスト・コール(原題)」は1350万ドルで5位に とどまった。この作品は2003年公開の日本映画「着信アリ」のリメーク版。

リンカーン暗殺者の日記は、主演のニコラス・ケイジが歴史学者でトレジ ャーハンターのベン・ゲイツに扮(ふん)する。この作品は昨年12月21日の 公開から計1億7100万ドルの興行収入を稼いでおり、2004年に公開されたナシ ョナル・トレジャーの1作目の成功に実績を積み重ねた形。ボックス・オフィ ス・モジョによると、1作目は全世界の興行収入が3億4750万ドルに上った。

ウィル・スミス主演のSFスリラー映画「アイ・アム・レジェンド」は1640 万ドルで2位だった。公開以来の興行収入は2億2870万ドルに達している。3 位はエレン・ペイジとマイケル・セラ主演のコメディー映画「ジュノ(原題)」 (ニューズ・コープ傘下のフォックス・サーチライト制作)で1620万ドルだっ た。10代の女の子が妊娠する物語だ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE