コーンFRB副議長:当局見解が「大幅に」変化した際は示唆に努める

コーン米連邦準備制度理事会(FRB)副議 長は5日のニューオーリンズでの講演で、金融市場の「混乱」が昨年8月に始 まってから、米金融当局は政策見解についての市場への伝え方を向上してきた との認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。