豪銀NABとANZ:住宅ローン金利引き上げ-資金調達コスト上昇で

ナショナル・オーストラリア銀行(NAB) とオーストラリア・ニュージーランド(ANZ)銀行の豪銀大手2行は4日、住 宅ローン金利を引き上げた。資金調達コスト上昇に対応するためとしている。

豪準備銀行(RBA)の政策変更がない時に複数の民間大手銀が金利を変え るのは、過去10年余りで初めて。昨年11月に豪銀各行は住宅ローン金利を引き 上げたが、RBA利上げに追随した形で行われていた。

ウェブサイトによると、住宅ローン業務で豪2位のNABは、変動型ローン の金利を12ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)引き上げ、8.69%とし た。ANZは、一部の住宅ローンの金利を、これまでより25bp引き上げる方 針を発表した。

AMPキャピタル・インベスターズの資産運用担当者、シェーン・オリバー 氏は「中銀が政策金利を引き上げるか否かに関係なく、他の銀行が後に続くのは 時間の問題だ」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE