香港株(午前):ハンセン指数2.3%上昇-原油高でペトロチャイナ高い

午前の香港株式相場は上昇。ハンセン指数 は、ほぼ4週間ぶりの大幅高となっている。ペトロチャイナ(中国石油、857 HK)をはじめ商品関連株が高い。金や原油の相場が、過去最高値近辺で推移し ていることが手掛かりだ。

バリュー・パートナーズの運用担当者、ジャッキー・チョイ氏は「商品相 場が上昇するなか、商品関連株が買われている」と指摘。「金利低下や米景気 減速も商品関連投資を増やす要因になる可能性がある」と述べた。

ハンセン指数は香港時間午後零時半(日本時間同1時半)現在、前日比

623.65ポイント(2.3%)高の27510.93と、昨年12月11日以来の大幅高。ハ ンセン中国企業株(H株)指数は2.3%高の15819.51。

ペトロチャイナは6.1%高で、昨年11月14日以来の高い伸び。ゴールド マン・サックスはペトロチャイナ株について、最近の値下がりで妙味が増した とし、投資判断を引き上げた。中国海洋石油(Cnooc、883 HK)は5.3% 高。産金で中国最大手の紫金礦業(2899 HK)は5.1%高。同社の目標株価をゴ ールドマンが引き上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE