米国株(4日):ダウは百余年ぶり最悪の年明け-景気後退を懸念(2)

米株式相場は大幅下落。S&P500種株価指 数の年初から3日間の下げ率は2000年以来で最大となった。米労働省が4日 発表した12月雇用統計と米供給管理協会(ISM)が2日発表した同月の製 造業景況指数はいずれも景気の弱さを示す結果となり、米経済がリセッション (景気後退)に陥るとの懸念がさらに強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。