メリルとの取引で損失1300万ドル、マサチューセッツ州が調査-米紙

4日付の米ボストン・グローブ紙によると、 米メリルリンチはマサチューセッツ州の監督当局から同州スプリングフィール ド市との取引に関する調査を受けている。スプリングフィールド市はメリルリ ンチを通じての投資で約1300万ドル(約14億757万円)の損失を出した。

同紙によるとメリルリンチの投資は住宅ローンを裏付けにしており、サブ プライム(信用力の低い個人向け)住宅ローンのデフォルト(債務不履行)拡 大とともに価値が下落、昨年に約1400万ドルだったが今は120万ドルに落ち 込んだ。

マサチューセッツ州のガルビン州務長官はメリルに対し、誰がスプリング フィールド市に助言したのか、どのような投資を推奨したのか、またメリルが こうした住宅ローン関連証券を引き受けたのか、あるいは同証券の売り出しに 関連して金銭を受け取ったのかといった情報を求めているという。

メリルの広報担当はボストン・グローブに同社は調査に協力していくと述 べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE