アジア株:3週間ぶり大幅安、米消費後退懸念で-日産自やソニー安い

4日のアジア株式相場は下落し、MSCI アジア太平洋指数はここ3週間で最大の下げとなっている。米自動車販売の減 少を受け、アジアの最大の輸出市場である米国の個人消費が後退するとの懸念 が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。