米ウェリントン:三菱レイヨン株を5%超保有―顧客の資産運用目的

米投資ファンドのウェリントン・マネジメン ト・カンパニー(米マサチューセッツ州ボストン)が樹脂・繊維・機能製品を製 造する三菱レイヨン株式を買い進め、株式総数の5%超を保有していることが明 らかになった。

ウェリントンが4日、関東財務局に提出した大量保有報告書によると、同社 は三菱レイヨン株式を報告義務発生日の12月31日までに取得した分を報告。合 計3316万2640株を保有し、発行済み株式に対する割合は5.53%になった。保有 目的は「投資一任契約による顧客の資産運用」としている。

三菱レイヨン広報・IR室の岡崎剛氏はウェリントンについて、「当社の株 主であることは以前から知っていたが、発行済み株式の5%超も保有していたと は認識していなかった」と述べている。

ウェリントン・マネジメント・カンパニーは、機関投資家への投資運用サー ビスを提供しており、主にグローバルの株式、債券、通貨、商品、実物資産、ア クティブ資産配分のポートフォリオなどを運用している。

三菱レイヨン株の終値は前営業日比13円(2.4%)安の530円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE