首相「現閣僚に引き続きやってほしい」-1月半ば内閣改造に消極姿勢

福田康夫首相は4日午前、首相官邸で年頭記 者会見を行い、次期通常国会前の2008年1月半ばに内閣改造を行う可能性につ いて、「今の閣僚に引き続きやっていただきたいと考えている」と述べ、消極的 な姿勢を示した。

首相は、「今現在は、今の閣僚は一生懸命政策を行っている。就任してまだ 日にちが浅い方もいる。これから実力を発揮する方がいるかもしれない」と指摘。 その上で、同時に「通国会までの間隔も短いので改造すべきかどうかをよく考え たい」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE