首相:原油高「一時的だと思うが影響無視できず」-万全態勢取る(2)

福田康夫首相は4日午前、首相官邸で年頭記 者会見を行い、年初の原油高について「原油がついに1バレル=100ドルを超え た。一時的だとは思うが影響を無視することはできない」と述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。