債券相場は上昇、米株安・債券高で買い先行-10年債利回り1.5%割れ

大発会の債券相場は上昇(利回りは低下)。 3日の米国市場で、原油高や米景気後退(リセッション)に対する懸念が強まり、 株安・債券高となった流れを継続。日経平均株価が続落して始まったことを受け て、円債市場は買い先行で始まった。先物中心限月は137円台を回復したほか、 新発債利回りは1.5%の大台を割り込んでいる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。