12月米自動車販売:GMやフォード、トヨタが減少-ホンダは微増

自動車大手各社が3日発表した2007年12 月の米自動車販売統計によると、米自動車大手のゼネラル・モーターズ(GM) とフォード・モーターのほか、トヨタ自動車が前年同月比で減少した。ガソリ ン高や住宅不況のなかで個人消費が手控えられ、自動車業界にとっては過去10 年で最悪の年となった。各社は08年についても、好転しないだろうとの見通し を示した。

GMの販売台数は4.4%減少し、フォードは9.2%減少。一方、クライスラ ーは0.5%増だった。トヨタは1.7%減、日産自動車は2.4%減となり、ホンダは 14台ながら増加した。年間販売台数ではトヨタがフォードを抜き2位に浮上。 フォードは1931年以来維持した2位の座を失った。

モルガン・キーガンの債券アナリスト、ピート・ヘースティングス氏は「自 動車業界にとって非常に厳しい年になるだろう。米経済はリセッションに向か っている」と述べた。

フォードは08年の米経済は「厳しい」との見通しを示した。トヨタは同年 の販売台数の伸び予想を下方修正した。

2007年通年の米国での自動車販売台数は約1610万台と、1998年以来で最 低となった。年末時点のガソリン価格は初めて1ガロン=3ドルを超え、利益 率の高いトラック販売の指標となる住宅着工件数は16年ぶりの低水準にある。

GMのリック・ワゴナー最高経営責任者(CEO)は米景気が08年の自動 車業界にとっての「リスク」となる可能性があるとの見方を示した。フォード は同年1-6月(上期の)業界全体の米自動車販売を年率換算で1520万―1570 万台と予想した。

アジア勢の12月の市場シェアは41.3%と、前年同月の40.4%から上昇。米 国勢は 50.7%(前年同月は51.5%)に低下した(ブルームバーグまとめ)。欧 州勢は8%(同8.1%)だった。

GMは12月に31万9837台を販売。前年同月は33万4501台だった。07 年通年では6%減の382万台となった。

フォード

フォードの12月の販売台数は21万2094台と、前年同月の23万3621台か ら減少。このうち乗用車は8.4%減少し、トラックは9.5%減となった。07年通 年では12%減の257万台。単月ベースでも11月以外は毎月減少した。トヨタ は通年で3.1%増の262万台となり、フォードを超えた。

クライスラーは12月に19万1423台を販売し、前年同月の19万415台か ら増加した。通年では3.1%減少の208万台。

トヨタ

トヨタの12月の販売台数は22万4399台。前年比の減少は売れ筋のヤリス やカローラ、カムリなどが中心だった。トヨタは08年の米販売台数は前年比1 -2%増との見通しを示した。07年12月には約3%の伸びを見込んでいた。米 部門のアーブ・ミラー広報担当副社長は電話会議で、前回見通しを示した時点 よりも、市場動向が悪くなると予想していると説明した。

ホンダの12月の販売台数は13万1792台。通年では2.8%増の155万台と なった。日産は12月にトラックを中心に減少し、8万9555台となった。通年 では4.8%増の107万台。

業界全体の月次販売台数減は07年で9回目だった。同年の合計販売台数は 1998年の1560万台以来で最も少なかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE