ロンドン外為:ポンド下落、対ユーロで過去最安値-英中銀報告に反応

3日午後のロンドン外国為替市場では、ポン ドが対ユーロで過去最安値を更新した。イングランド銀行が同日発表した調査報 告で、銀行各行による今年1-3月(第1四半期)の個人・法人向け融資が減少 するとの見方が示されたことが背景。景気減速がさらに進む恐れがあるとの見方 が広がった。

みずほフィナンシャルグループの欧州ヘッジファンドセールス責任者、ニー ル・ジョーンズ氏は、「ポンドは、融資の需要と供給双方の低下見通しに打撃を 受けている」と指摘。「信用の減少は利下げのきっかけになりかねない。いずれ もポンドにとってはマイナス要因だ」と語った。

ロンドン時間午後零時56分までに、ポンドは対ユーロで1ユーロ=74.62 ペンスで推移。一時は74.82ペンスと1999年のユーロ導入以来の安値を付けた。 前日は74.30ペンスだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE