インド株(3日):センセックス指数は反落、インフォシスが安い

インド株式市場では、センセックス30種株 価指数が4営業日ぶりに反落。インフォシス・テクノロジーズが安い。昨年12 月の米製造業景況指数が2003年4月以来の最低となったことを受けて、インド のコンピューターサービス関連企業にとって最大市場である米国からの受注が減 少するとの懸念が広がった。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は、前日比120.10ポイント (0.6%)安の20345.20で終了。ナショナル証取上場の50銘柄で構成するCN Xニフティー指数は0.85ポイント下げ6178.55。

インド2位のソフトウエアサービス輸出会社、インフォシス(INFO IN)は 6日続落し、2.1%安の1713ルピーと、先月12日以降で最大の下げとなった。 同最大手のタタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS IN)は3%安の1018ル ピー。インドのソフトウエア企業は売上高の約60%を米市場から得ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE