香港株(3日):続落、銀行株安い-中国当局の融資抑制観測が台頭

香港株式相場は続落。ハンセン指数の年初2 日間の下落率としては2001年以来で最大となった。中国政府が融資抑制を目指 して追加措置を実施するとの観測が広がるなか、中国工商銀行(ICBC)を中 心に銀行株に売りが出た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。