12月のFOMC議事録:異例な警戒態勢維持、成長見通し下方修正

米連邦準備制度理事会(FRB)が2日公 開した米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録(2007年12月11日開催) によると、2008年の経済成長見通しが下方修正されたことが明らかになった。 個人消費の鈍化と住宅不況の深刻化が背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。