訂正:シンガポール:10-12月期GDP18四半期ぶり減、製造業鈍化

シンガポール通産省は2日、2007年10-12 月期(第4四半期)の国内総生産(GDP)が前期比年率3.2%減(インフレ調 整後)だったと発表した。製造業の鈍化により予想以上に落ち込み、18四半期 ぶりに減少に転じた。輸出依存型のアジア経済は、世界的な成長の鈍化というリ スクに直面する可能性がある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。