コンテンツにスキップする

厚労省:2007年の出生数が前年比3000人減の推計109万人

厚生労働省は1日、2007年の出生数が前年 比3000人減の推計109万になったと発表した。5年連続で低下した後、2006 年には増加に転じていたが、再び減少した。

同省の人口動態統計の年間推計によると、出生数から死亡数を差し引い た自然増加数は推計マイナス1万6000人。自然増加数は2005年を除いて1947 年以来プラスで推移してきたが、今回2度目のマイナスとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE