バフェット氏が金融保証事業に参入、米金融当局者らの喝采を浴びる

28日に明らかになった米資産家ウォーレ ン・バフェット氏の地方債を対象とする金融保証事業への参入は、米連邦政府や 州政府などの金融当局者の喝采(かっさい)を浴びている。バフェット氏の参入 が借り入れコストの低下につながる可能性があるほか、既存の金融保証会社が信 用収縮の影響を被るなか、新たな選択肢となり得るからだ。

バークシャー・ハサウェイを率いるバフェット氏は、ニューヨーク州当局か ら事業認可を受けた。保険事業から利益の半分を得ているハサウェイは今後、M BIAやアムバック・ファイナンシャル・グループなどの金融保証会社と競合す ることになる。MBIAとアムバックは、金融保証に必要な格付け「AAA」の 維持に苦しんでいる。

イリノイ州のアレクシ・ジャヌリアス財務担当官の報道官、ケイティ・フィ リップス氏は、「競争は米国経済の基礎だ。バフェット氏の参入は競争の激化に つながり、この分野の消費者にとってプラスになり得る」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE