経産省:11月の原油輸入量前年比7%増-燃料油輸出量は22%増

経済産業省が28日に発表した石油統計速報に よると、11月の原油輸入量は前年同月比7%増の2090万キロリットルで、2カ月連 続で前年の水準を上った。このうち中東産原油が占める割合(中東依存度)は同

5.1ポイント減少して84.3%となった。

同統計によると、11月の燃料油の輸出量は同22%増の219万キロリットルと、2 カ月連続で前年を上回った。燃料油の国内販売量は同2.6%減の1890万キロリッ トルとなり、3カ月ぶりに前年を下回った。

一方、同月の燃料油輸入量は0.3%減の287万キロリットルとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE