中国はガス田で日本側に譲歩ヘ、台湾問題で同調求め-霞山会の阿部氏

中国といったアジア諸国と日本との文化交 流や有効促進を図る霞山会の阿部純一主席研究員は、日中間の東シナ海のガス田 共同開発問題で中国側が日本側に歩み寄ると予想した。見返りとして台湾問題で 日本に歩調を合わせるよう要求してくるとみている。

28日放映のブルームバーグ・テレビジョンのインタビューで阿部氏は、東 シナ海ガス田について、日本の主張である日本側の海域での共同開発に中国側が 歩み寄ると述べた。この点についての基本合意は、中国の胡錦濤国家主席が日本 を訪問した際ではないかと読んでいる。胡主席訪日は2008年3月後半の見通し。

国連加盟の是非を問う住民投票を進めている台湾について中国は、独立に向 けた動きであると批判している。中国は、ガス田問題で日本に譲歩する代わりに この台湾問題では中国に同調するように要求してくる可能性があると阿部氏は指 摘した。

--共同取材 東京 君塚靖 Editor : Eijiro Ueno, Yoshito Okubo

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 曽宮一恵 Kazue Somiya +81-3-3201-8684 ksomiya@bloomberg.net

石川英美 Emi Ishikawa +813-3201-2220 eishikawa1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

大久保 義人 Yoshito Okubo +813-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Peter Langan +813-3201-7241 plangan@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE