UBS:英スタンダード銀インド投信運用部門の買収計画を撤回

資産規模で欧州最大の銀行、スイスのUB Sは28日、英スタンダード・チャータード銀行のインド投資信託運用部門を買 収する計画を撤回すると発表した。

UBSの発表資料によると、今年1月に結んだ売却・買収合意の期限切れ に伴う失効を受けて、両行は交渉を継続しないことを決めたと説明している。

UBSの広報担当、マーク・パンデー氏(香港在勤)は電話インタビュー で、今回の決定は米サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン関連で 計上した100億ドル(約1兆1300億円)の評価損とは「全く関係ない」と述べ た。

UBSは1年近く前に、スタンダード銀の同部門を1億4700万スイス・フ ラン(約146億円)で買収することに合意していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE