パキスタン国債の保有リスク、1カ月ぶりの高水準-ブット元首相暗殺

パキスタンのブット元首相が27日選挙活動 中に暗殺されたことを受け、国や企業の信用力を取引するクレジット・デフォ ルトスワップ(CDS)市場では、パキスタンのドル建て国債のデフォルト(債 務不履行)に備えた保証料が1カ月ぶりの高水準に上昇した。

オランダのABNアムロ・ホールディングによると、パキスタン国債のC DSスプレッド(保証料)は日本時間28日午前9時53分現在、530ベーシスポ イント(bp、1bp=0.01%)と、元首相暗殺前に比べ100bp上昇した。C DSスプレッド1bpは債務1000万ドルに対する保証料1000ドルを意味する。

-- Editor: Netty Ismail, James Unwin

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Keiko Kambara 記事に関する記者への問い合わせ先: Patricia Kuo in Hong Kong at +852-2977-6120 or pkuo2@bloomberg.net; Oliver Biggadike in Tokyo at +81-3-3201-2096 or obiggadike@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Netty Ismail at +65-6212-1106 or nismail3@bloomberg.net.

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE