日中首相が会談、東シナ海ガス田開発など協議へ-環境、北朝鮮も

中国を訪問中の福田康夫首相は28日午前 (日本時間同)、北京で温家宝首相と会談する。懸案である東シナ海のガス田共 同開発問題が最大の焦点だが、両国が目指す「戦略的互恵関係」を具体化させて いくため、環境分野での協力や北朝鮮問題などについても議論。終了後に日中首 脳クラスとしては異例の共同記者会見を行い、両国の関係改善ぶりをアピールす る。

東シナ海のガス田をめぐる協議は、日本側が境界線と主張している日中中間 線付近を共同開発の対象領域に含めるかどうかなどで日中間の意見調整が続いて いる。福田首相は訪中に出発する前の27日午後、首相官邸で記者団に対し、 「なるべく早く問題が解決するのがいいのではないか。相手があることだから、 話し合えば合意ができる」と語り、何らかの形での早期の合意に意欲を示してい る。

このほか、「日中環境基金」の創設など環境分野での協力強化や、北朝鮮問 題への対応についても協議する。

福田首相は午後には北京大学で日中関係をテーマにした講演を行った後、胡 錦濤国家主席と首相就任後初めて会談する。

--共同取材:山村敬一 Editor:Tetsuzo Ushiroyama、Yoshito Okubo

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 北京 廣川高史 Takashi Hirokawa +81-3-3201-8641 thirokawa@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Anthony Spaeth +85-2-2977-6620 aspaeth@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE