NY原油(27日):1カ月ぶり高値、予想以上の米在庫減少で買い

ニューヨーク原油先物相場は続伸。1カ 月ぶりの高値に上昇した。米エネルギー省が発表した統計で原油在庫が予想以 上に減少したことが手掛かりだった。

同統計によると先週の原油在庫は330万バレル減少し、2005年1月以来の 低水準の2億9360万バレル。ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリス ト12人の予想平均では150万バレルの減少とされていた。原油相場は統計発 表前の朝方、パキスタンのブット元首相の暗殺で値上がりしていた。

リターブッシュ&アソシエーツ(イリノイ州ギャレーナ)のジェームズ・ リターブッシュ社長は、「在庫統計の数字は総じて原油相場にとっては強気だ った」と語り、「パキスタンのニュースを受けて、地政学的リスクも上昇要因 に加える必要がある。28日はおそらく最高値を試す展開になるだろう」と語っ た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)で取引されている原油先物2月限 は前日比65セント(0.68%)高の1バレル=96.62ドルで終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE