欧州債:10年債下落、利回り4.34%-インフレ見通しで2カ月ぶり安値

欧州国債相場は下落。ユーロ圏の インフレ高進で利下げが抑制されるとの観測を受けて、欧州10年債相場 は2カ月ぶりの安値に下げた。

欧州株価が上昇し、安全な資産としての欧州債への需要が弱まるな か、利回りは約1週間ぶりの大幅上昇となった。ブルームバーグ・ニュ ースがまとめたエコノミスト調査によると、12月のユーロ圏インフレ率 は過去約6年間で最高のペース付近と予想されている。

HSBCホールディングスの債券部門マネジングディレクター、ス ティーブン・メージャー氏は「欧州中央銀行が利下げを実施できる公算 は非常に小さく、これが今最大の関心事だ」と指摘。「株式市場の動向 も重要な要因だ」と付け加えた。

ドイツ10年国債利回りはロンドン時間午後4時11分までに、前営 業日比3bp上昇し4.34%。一時は5bp上昇し、10月18日以来の高 水準を付けた。同国債(2017年7月償還、表面金利4.25%)価格は

0.22ポイント下げ99.28。2年国債利回りは3bp上昇し4.01%となっ た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE