HSBCのモリス氏:米住宅価格、今後3-4年でさらに20%下落も

HSBCセキュリティーズの米国担当チ ーフエコノミスト、イアン・モリス氏は米住宅価格について以下の通りコメン トした。

「本当の問題は住宅の評価額が非常に高いことだ。東海岸と西海岸は特に そうだ。こうした地域ではいくら低金利や利払いの税控除を考慮しても、収入 に対する住宅ローン返済の割合はまだ極めて高く、ほとんど調整されていな い」

「名目住宅価格の下落は少なくともあと1年は続く。インフレ調整後の価 格下落は今後数年間続くと予想している」

「住宅評価額が正常化されるには、全米でさらに住宅価格が20%落ち込む 必要がある。そうなるにはあと3-4年はかかるだろう」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE