テマセクのケジュリワル氏:メリル出資は経営陣への「信任投票」

シンガポール政府系投資会社テマセク・ ホールディングスで投資部門のシニアマネジング・ディレクターを務めるマニ ッシュ・ケジュリワル氏は、米メリルリンチへの44億ドル(約5020億円)出 資について以下の通りコメントした。

◎メリルリンチの成長見通しについて:

「メリルは世界的な大手金融機関であり、資産運用や世界市場、投資銀行 業務で強みを持っている。当社は、メリルが現ジョン・セイン最高経営責任者 (CEO)指揮の下で盤石な体制を築いており、成長見通しは非常に力強いと 考えている」

◎メリルへの投資の背景について:

「今回の資金注入により、メリル経営陣は事業戦略を遂行し、株主利益を 実現することに集中できる。メリル出資に参加したのは、メリル経営陣への信 任投票であり、メリルの強さの表れだ」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE