ベトコムバンクの株式競売結果発表開始-外資受け入れは最大30%

ベトナムは26日、入札方式によるベトナ ム外商銀行(ベトコムバンク)の株式競売結果の発表を開始した。ベトナムで 外資を受け入れる国有銀行は同行が初めてとなる。

ベトコムバンクが売り出す株式6.5%(9750万株)は1株当たりの最低公 募価格10万ドン(約712円)で計算すると、6億800万ドル(約694億円)相 当。ホーチミン証券取引所では、応札してきた約9500通の開封作業が始まった。 外国資本は30%まで株式保有が可能。

ベトナム共産党は国有企業の株式会社化を進めており、今回の競売もその 一環。今回の実施は、他の銀行2行や電話、ビール会社の来年の株式売却計画 が順調であることを示唆している。

ホーチミン証券取引所によれば、競売への参加登録は売却株式を25%上回 り、需要の約3分の1を海外投資家が占めた。ベトコムバンクは同取引所に来 年上場予定。ベトナムで上場している同国の銀行はアジア・コマーシャル・バン クなど2行しかない。この事実に加え、銀行業界の拡大見込みがベトコムバン ク株への需要を支えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE