人民元:対ドル最高値を3日連続で更新-中国が変動率拡大との観測

中国外国為替取引では、人民元がドルに対 し上昇し、ペッグ(連動)制廃止後の最高値を3営業日連続で更新した。中国 当局が人民元の許容変動率を拡大するとの観測が強まった。

香港紙、大公報は先月、関係者の話を引用し、中国が米ドルに対する人民 元の許容変動率を中心レートから1日当たり上下各0.8%に拡大する可能性が あると報じた。現在は0.5%。

中国光大銀行の為替ストラテジスト、クオ・チャオヤン氏(広州在勤)は、 「人民元相場に関する政策で最も受け入れ可能な措置は、変動幅の拡大だ。当 局が年内にもこうした発表をする可能性を排除することはできない」と述べた。

中国外国為替取引システム(CFETS)によれば、人民元は上海時間午 後5時半(日本時間同6時半)現在、前日比0.24%高の1ドル=7.3297元。年 初来では6.5%高、2005年7月のペッグ制廃止後ではほぼ13%上昇となってい る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE