富士重:来年の世界販売は8%増-海外拡大や「フォレスター」効果

トヨタ自動車と資本・業務提携関係にある 富士重工業は25日、2008年の世界販売を07年見込みに対し8%増の63万台レ ベルとする計画を発表した。海外の販売拡大や、全面改良したスポーツ型多目的 車(SUV)「フォレスター」の効果などで販売増を見込む。

富士重の森郁夫社長が同日、都内で会見し明らかにした。地域別では、米国 が新型車の投入の遅れが響き、今年の販売見込みで前年比1万台減の18万7000 台、来年は20万台以上を目指す。ロシアなどが好調な欧州は、今年の販売見込 みが同2000台増の7万4000台、来年が8万8000台。国内は今年の販売見込み が同9%減の22万5000台。

SUV「フォレスター」を全面改良

富士重は25日、SUV「フォレスター」を5年10カ月ぶりに全面改良し、 発売した。価格は199万5000-281万9250円で、月2000台の販売を計画してい る。今回の改良で3代目となる新型フォレスターは、先代に比べて車体をひと回 り大きくし、競合車に比べて狭かった後席部分を拡大したのが特徴。

新型フォレスターは、先代よりも室内長で205ミリ、室内高で45ミリそれ ぞれ広げた。また全幅も45ミリ拡大して1780ミリになったが、最小回転半径は 逆に10センチ縮小して5.3メートルとした。またフォレスター専用に開発した エンジンは排気量2000CC水平対向4気筒で、自然吸気とターボの2種類の設定 がある。

フォレスターは約100カ国で販売されており、来年3月から欧州および豪州、 同4月からは北米で順次、新型車に切り替わるとしている。

--共同取材:上野きより Editor:Hideki Asai

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 小松哲也 Tetsuya Komatsu +81-3-3201-3370 tekomatsu@bloomberg.net

松井 博司 Hiroshi Matsui +81-3-3201-2068 hmatsui@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先:

大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Bret Okeson +81-3-3201-8335 bokeson@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE