上海銅先物相場:反落-24日までの4日続伸は行き過ぎとの見方

25日の上海銅先物相場は反落している。一 部の投資家が、中国の需要見通しは明るいとの見方を維持しながらも、24日ま での相場続伸は行き過ぎであるとみている。

上海東亜フューチャーズのトレーダー、袁芳氏は同日の電話インタビュー で「銅相場は4営業日続伸後、調整局面に入っているだけだ。ファンダメンタ ルズ(需給関係)の面では何も変化していない」との見方を示した。

上海先物取引所の銅先物相場3月限は、上海時間午前10時47分現在、前 日比150元(0.3%)安の1トン当たり5万8310元。21日と24日は値幅制限い っぱいの上昇となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE