ドコモ株が4連騰、「グーグルと提携」報道-ARPU上乗せ期待(2)

NTTドコモの株価が4営業日連続で上 昇。25日付の日本経済新聞朝刊は、ドコモが米インターネット検索最大手グー グルとの提携関係を強化し、来春にもグーグルのサービスをドコモの「iモー ド」に組み込むと報道した。収益に好影響を与えるとの期待に加え、通信株全 般が高い流れも手伝い、一時前週末比7000円(3.8%)高の19万1000円と、 約5カ月半ぶりの高値水準を回復している。

ドコモは昨年10月、KDDIに追随する形でグーグルの検索機能を「i モード」から使用可能にしており、すでに提携済み。ただ日経新聞は、新規に 両社が提携すると伝え、契約獲得ペースの減少に悩むドコモと、日本での検索 サービスではヤフーに後れを取っているグーグルとの利害が一致した、と説明 した。

さらに日経報道では、ドコモがiモードを事実上他社に開放して携帯とパ ソコンが垣根を超えてサービスを共有できる環境を整えることで、競合他社に 対抗する、と意義を強調している。

ドコモ広報担当者、古田真紀子氏はこうした提携拡大の具体的な内容につ いて「コメントできない」と述べた。グーグル日本法人のPRマネージャー、 土肥亜都子氏も「発表した事実がないので、コメントできない」としている。

野村証券金融経済研究所の増野大作アナリストは25日付のリポートで、 報道が事実であれば、iモード経由でのサイト閲覧が増えるため、「データA RPU(利用者1人当たりの月間収入)上昇につなげる点でプラスと考えられ る」と述べた。

ただ、KDDIとグーグルとの「検索への取り組みはさらに先行してい る」とも指摘している。

このほか日経新聞は、提携拡大に伴いドコモとグーグルが検索と電子地図、 全地球測位システム(GPS)を連動させ、携帯ユーザーがいる場所の近くに ある店舗や施設案内を携帯画面に表示、目的地まで道案内したりする機能など の共同開発も検討すると報道。この点について増野氏は、「KDDIでも同様 のサービスが検討される可能性もあろう」とした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE