【個別銘柄】三洋電、Gウィル、ドコモ、三菱UFJ、海運、日立粉末

更新日時

25日の日本株市場における主な材料銘柄 の動きは次の通り。

三洋電機(6764):3.6%安の187円。25日午後3時から過去の単独決算 訂正問題ついて発表。佐野精一郎社長らが大阪市内で会見し、内容を説明する と、同社が会見案内を報道各社に送付した。23日付の朝日新聞は、02年9月 期から04年9月期までの計5期にわたり、配当に充てる原資がなかったにも かかわらず、計280億円の違法配当を行った事実を認める方針を固めたと報道。 三洋側では同日、「憶測記事であり、当社から発表したものではない」とのコ メントを発表していた。

グッドウィル・グループ(4723):ストップ安に当たる3000円(12%) 安の2万1440円で比例配分。東証1部の値下がり率トップ。傘下で総合人材 サービスを手掛けるグッドウィルが違法派遣を行ったとして、厚生労働省から 全事業所において2-4カ月の事業停止命令を受ける見通しであることが22 日、分かった。グッドウィル・グループは22日、折口雅博会長兼最高経営責 任者(CEO)が今月末に代表権を返上すると発表。CEO職からも退く。

NTTドコモ(9437):1.6%高の18万7000円と4日続伸。一時3.8% 高の19万1000円まで上げ、約5カ月半ぶりの高値水準を回復。25日付の日 本経済新聞朝刊は、ドコモが米インターネット検索最大手グーグルとの提携関 係を強化し、来春にもグーグルのサービスをドコモの「iモード」に組み込む と報じた。収益に好影響を与えるとの期待や、通信株全般の上昇も手伝った。

KDDI(9433):2.4%高の82万5000円と3日続伸。一方、ADSL (非対称デジタル加入者線)大手イー・アクセス(9427)は一時、5.8%安の 6万4700円まで下落、アッカ・ネットワークス(3764)も4.9%安の15万 5000円まで売られ年初来安値を更新。総務省が21日、次世代無線の免許をK DDIなどの陣営と、PHS大手ウィルコム(非上場)の2者に付与すると決 定。当落判定が、週明けにあらためて各社の株価に反映された。

三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306):3.8%高の1080円と反発。 みずほフィナンシャルグループ(8411)、三井住友フィナンシャル(8316)も ともに3%超上昇。米大手証券メリルリンチの資本増強などを受け、世界的な 金融不安が後退した。

海運株:太平洋海運(9123)が12%高の294円で東証1部の値上がり率 3位、第一中央汽船(9132)が9.7%高の610円で同6位に入るなど、海運株 が高い。東証海運株指数は5.3%高の1400.87と、全33指数中で上昇率1位。 リスク許容度の高まりを背景に、直近で売られていた業種、銘柄を買い戻す動 きが活発化した。海運株指数は、12月に入ってから9.9%下落しており、不動 産株指数(11%下落)に次いでパフォーマンスが悪い。この日は、三井不動産 (8801)が4.8%高の2510円となるなど不動産株も高い。

九九プラス(3338):午後2時41分の売買再開後に買い気配が続き、

3.6%高の4万6000円での買い気配のまま終えた。ローソン(2651)が25日 午後、九九プラス株を追加取得すると発表した。九九プラスが実施する第三者 割当増資を引き受ける。筆頭株主のキョウデン(6881)からも保有株の一部を 買い取り、キョウデンに替わってローソンが筆頭株主となる。出資比率を高め ることでスピードのある事業拡大を推進するとしている。ジャスダック証券取 引所は九九プラス株の売買を午後1時53分から2時40分まで一時停止。

井筒屋:8.8%高の111円と大幅続伸。この日午後1時半に、伊勢丹 (8238)が保有する小倉伊勢丹(北九州市)の全株式を08年3月31日に譲り 受け、完全子会社にすると発表した。

三菱ケミカルホールディングス(4188):3.2%安の871円と反落。連結 子会社である三菱化学の鹿島事業所のエチレンプラントで21日に火災事故が 発生。この影響で工場の操業停止が3-4カ月に及ぶとの一部報道があり、操 業ロスや修繕費などが業績に与える影響が懸念された。一方、事故を背景とし た市況上昇期待から、同業他社株は上昇。三井化学(4183)が4.5%高の772 円、東ソー(4042)は1.5%高の489円、旭化成(3407)は0.7%高の744円。

日立粉末冶金(5944):ストップ高となる100円高の634円で買い気配の まま終了。日立化成工業(4217)が21日、子会社の日立粉末を株式公開買い 付け(TOB)により完全子会社化すると発表。TOB価格は705円と、21 日終値(534円)を32%上回り、同水準にさや寄せする格好で買いが殺到した。

メルシャン(2536):10%安の215円と急反落。東証1部の値下がり率ラ ンキングで、Gウィルの12%安、シルバー精工(6453)の11.8%安、ピクセ ラ(6731)の11%安に次ぐ4位。キリンホールディングス(2503)傘下でグ ループのワイン事業統合による効果が当初見込みほど出ていないうえ、仕入れ 原価上昇によって採算も悪化傾向にある。2007年12月期業績が従来予想を下 回る見通しとなり、業績失望による売りを集めた。

富士エレクトロニクス(9883):8.8%安の926円と急反落し、東証1部 の下落率5位。約1カ月ぶりに投資家の短中期的な売買コストを示す25日移 動平均線を明確に下回った。主力の産業機器向け計測器やFA機器の売り上げ が不振などとして、今期(2008年2月期)の業績予想を下方修正。一転して 減益通しとなり、足元の業績低迷を嫌気した売りが集まった。

日本オラクル(4716):ソフトウエアの更新や保守サービスなどが好調に 推移し、21日発表の2007年11月中間期決算は売り上げ、利益とも過去最高 を更新した。IT(情報技術)需要の拡大を背景に更新・保守サービスの好調 が続くとの見方から、通期(08年5月期)業績の上ぶれを期待した買いが先 行し、一時1.8%高の5020円まで上昇した。終値は0.2%安の4920円。

日比谷総合設備(1982):5.4%高の882円と大幅続伸。ビルメンテナン ス事業を手がけるオーエンス(非上場)と資本・業務提携を行うと21日に発 表。メンテナンス分野の拡充による顧客満足度の向上、リニューアル工事の受 注獲得といった相乗効果による収益押し上げが期待された。

しまむら(8227):1.8%高の9790円。前週末公表の第3四半期累計 (2007年3-11月)業績は新店効果で増収増益を確保したため、買いが先行 した。ただ既存店販売高が想定を下回っていることから、通期業績の下ぶれを 警戒する向きもあり、上げ幅は限られた。

ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(7774):前週末21日にジャ スダック取引所の新市場「NEO」に新規上場。1万円(13%)高の8万8800 円でストップ高まで買われた。市場性の大きい自家培養軟骨が商業化できれば、 企業規模も大きくなるとの期待が背景にある。公募価格は12万円。21日に付 けた初値は公募比20%安の9万6000円だった。

秀文社(2143):ストップ高に当たる1000円(16%)高の7400円で比例 配分。学研(9470)が秀文社を買収すると21日発表。TOB価格8860円にさ や寄せする格好で買いを集めた。秀文社はTOBへの賛同を表明している。

サイバーエージェント(4751):保有していたミクシィ(2121)株の売却 益を計上するとして、2008年9月期の連結純利益が前期比50%減の10億円と なり、従来予想を2億円上回る見通しと21日発表。年間配当を従来計画の 300円から500円へと上積みする方針も示し、一時3.9%高の8万8700円まで 上昇したが、その後売りに押され1.2%安の8万4400円で終えた。

フジテック(6406):11%高の678円と大幅続伸。米系持株会社のリバー バンク・ホールディングス(デラウエア州)が、フジテック株式を買い進め、 株式総数の15%超を保有していることが21日に関東財務局に提出された大量 保有報告書で明かになった。

インターアクション(7725):7%安の4万3150円。光源装置の売り上 げが見込みほど伸びず、11月中間期は一転して赤字に転落したもよう、と21 日発表した。据え置かれた通期業績の達成に対して懐疑的な見方が広がり、業 績回復の遅れが懸念された。

テンポスバスターズ(2751):1.3%高の6万7900円と、変わらずを挟み 6営業日ぶりに反発。値引き防止とコスト削減による利益率改善を受け、2007 年10月中間期の連結利益水準が会社計画を上回った。21日に上場来安値(6 万7000円)を付けたばかりで、足元の堅調な業績を見直す買いが入りやすか った。

あさひ(3333):5.4%安の1230円と大幅に反落。三菱UFJ証券が21 日付で、投資判断を「2(アウトパフォーム)」から「3(市場平均並み)」 に引き下げた。

アドテックエンジニアリング(6260):4.9%高の426円と大幅続伸。富 士フイルムとの間で、プリント基板向けデジタル露光装置事業についての協力 関係構築に向けて、業務提携協議を進めることを決議したと発表。

原弘産(8894):一時17.8%高の19万2000円まで買われ、取引時間中 の上昇率としては04年4月12日(19.2%)以来、約3年8カ月ぶりの大きさ を記録。同社の持ち分法適用会社などが中国の内モンゴル自治区から風力発 電機を受注したことが好感された。終値は16%高の18万9000円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE