三洋電機:02-04年に違法配当280億円、監理ポスト入りも-朝日

23日付の朝日新聞朝刊は、経営再建中の 三洋電機が22日、2002年9月期から04年9月期までの計5期にわたり、配当 に充てる原資がなかったのに計280億円を「違法配当」したと認める方針を固 めたと報じた。東京証券取引所が悪質と判断した場合、同社株を上場廃止の可 能性がある監理ポストに割り当てる可能性もあるという。

同紙によると、同社は、旧商法で禁じられた原資を上回る配当は「意図的 ではなかった」として、旧経営陣に対する損害賠償請求や刑事告発には踏み切 らない方針。ただ、本来なら事業に回せた資金が失われるなど、現在の経営に 対する影響もあり、株主などから責任を追及する動きが出る可能性もあると伝 えている。

同社は証券取引等監視委員会の指摘を受け2月から、最大で01年3月- 06年3月期の6年間を対象とする決算訂正手続きを進めており、年内に調査結 果などを発表する方針。21日に出したコメントでは「当社は過年度決算訂正の 監査中であり、監査意見が得られた段階で開示する予定」だと説明していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE