アドバンテッジ:東京スター銀にTOB、完全子会社化へ-2520億円(2)

投資ファンドのアドバンテッジパートナー ズは21日、TOB(株式公開買い付け)により東京スター銀行を買収すると発 表した。米投資ファンドのローンスターが保有する全68%分と市場から残りも 購入して完全子会社化を目指す。応募が75%未満であればTOBは不成立とな る。全株を取得した場合の買収金額は約2520億円となる。

発表によると、TOB価格は21日終値より8000円(2.3%)高い36万円。 買い付け期間など詳細は当局の認可取得後にあらためて公表する。東京スター銀 は、99年に経営破たんして一時国有化された旧東京相和銀行が前身で、ローン スターが営業を譲り受けて01年6月に発足、05年10月に株式を新規公開(I PO)していた。完全子会社化となれば上場は廃止される。

ローンスターは同日、アドバンテッジが実施するTOBを応諾すると発表し た。アドバンテッジは、TOBが成立した場合、東京スター銀株を3年以上保有 して企業価値の向上を図っていくとしている。一方、東京スター銀は「株主、預 金者、従業員などステークホルダーにとって望ましい内容であれば賛同する」 (発表コメント)方向という。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE