米リーマンをオーストラリアの地方政府が提訴-CDOの販売めぐり

米大手証券リーマン・ブラザーズ・ホール ディングスのオーストラリア子会社、リーマン・ブラザーズ・オーストラリア (LBA)が、同社の債務担保証券(CDO)を購入した豪州の地方政府当局 によって提訴されたことが、21日までに分かった。

豪ニューサウスウェールズ州サザンハイランド地区にあるウィングキャリ ビーシャー当局は、LBAによるサブプライムローン(信用力の低い個人向け 住宅融資)関連証券300万豪ドル(約2億9200万円)の販売に「詐欺的かつ誤 解招く行為」があったとして、リーマンを提訴した。同当局のマネジングディ レクター、マイク・ハイド氏がインタビューに対して答えた。

これに対してリーマンの広報担当シニード・テーラー氏は、同当局の発表 内容を「強く否定する」と言明。その上で「現段階で提訴に関するいかなる通 知も受け取っていない」ことを明らかにした。

ハイド氏は、今年の米サブプライム禍を受けて、リーマンは販売したCD Oを額面の16%未満で買い戻す提案をしていると説明。「リーマン・ブラザー ズの行為に、われわれは強い憤りと失望を感じている」と述べた。

CDOは、住宅融資や法人向け融資、商業不動産融資債権などの資産をま とめ、格付けや満期の異なる証券に組み直した金融商品。LBAは3日、グレ ンジ・セキュリティーズから名称変更している。

-- Editor: Andreea Papuc, Brett Miller

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Stuart Kelly in Sydney +61-2-9777-8643 or skelly22@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Andreea Papuc at +852-2977-6641 or apapuc1@bloomberg.net.

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE