福田首相:27―30日に中国訪問、指導者らと会談-官房長官

町村信孝官房長官は21日午前、閣議後の 記者会見で、国会の承認を得られれば福田康夫首相が27日から30日までの日程 で中国を訪問することを明らかにした。胡錦濤国家主席、温家宝首相ら中国の指 導者と会談する。日本の首相による中国訪問は2006年10月の安倍晋三前首相以 来。

福田首相は11月20日、シンガポールで温首相との初会談で、日中の「戦略 的互恵関係」構築に向けた取り組みを強化することで合意。温首相は2007年中 の訪中を強く要請し、福田首相はできれば年内か2008年初めに訪中したいと応 じていた。また福田首相は08年の胡国家主席の来日を招請した。

日中両国政府間には、東シナ海のガス田の共同開発問題が未解決の状態にあ る。福田首相は07年12月14日、内閣記者会のインタビューで、自らの訪中前 に解決できるかどうかについて、「そうあってほしい。ともに関心を持って問題 解決に当たろうと話した。何とかよい状況が生まれるように努力する」と語り、 訪中前の解決に意欲を示している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE