コンテンツにスキップする

スイスのUBS、シンガポールと中東からの資金注入に株主反発-FT

英紙フィナンシャル・タイムズ(F T、オンライン版)は20日、スイスのUBSは海外投資家からの大規模な 資金注入について、株主の反発に直面していると報じた。

同紙によると、スイスの社会保障基金の責任者、ウルリッヒ・グレー テ氏は、UBSがシンガポール政府投資公社(GIC)と中東の投資家か ら資金を受け入れる際の条件は、既存の株主に対して不公平だと指摘した。 同氏はまた、中東の投資家の身元を明らかにすることも求めているという。

事情に詳しい関係者1人は、中東の投資家はサウジアラビア人の公算 が大きいとしている。サウジアラビアの皇太子で国防航空相であるスルタ ン王子が合意の立役者ではないかと同紙は報じている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE