豪セントロの資産が担保のCMBS、金融機関が47億ドル販売-メリル

米メリルリンチによると、米国に700近く のショッピングモールを保有する豪セントロ・プロパティーズ・グループの保 有資産が、米証券大手モルガン・スタンレーなど複数の金融機関が販売した商 業用不動産担保証券(CMBS)47億ドル(約5300億円)相当の裏付け資産 となっている。

セントロの株価は今週80%下落。時価総額で38億豪ドル(約3700億円) を失っており、この影響は一段と広がりそうだ。不動産投資信託運用会社のセ ントロは債務の借り換えが困難になったとし、現金調達のために資産を売却す る可能性があることを明らかにした。メリルは、資産売却がCMBS保有者へ の支払いに影響する可能性があると指摘している。

メリルのアナリスト、ロジャー・リーマン氏は19日付のリポートで、セ ントロが米国内の不動産388件を購入するために調達したローンが、CMBS に組み込まれていると指摘。そのCMBSは、JPモルガン・チェースやクレ ディ・スイス・グループでも販売されていたと説明した。

同氏はリポートで「最悪のシナリオは、セントロが営業不可能になった場 合だ」とし、「このシナリオは問題となっているローンのリスクを明らかに高 めることになる」としている。

クレディ・スイス(メルボルン)の広報担当者、エリザベス・ルダル氏と JPモルガン(シドニー)広報担当のアンドルー・ドノホー氏は、それぞれコ メントを差し控えた。モルガン・スタンレー(香港)の広報に電話でコメント を求めたが、返答は得られていない。

21日のシドニー市場でのセントロ株終値は、前日比15%安の1.12豪ドル。 先週は一時、6.03豪ドルで取引されていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE