中国株(終了):CSI300指数、2日続伸-銀行株が高い(2)

中国株式市場では、CSI300指数が2日続 伸し、1週間ぶり高値となった。人民元上昇を受け、人民元建て資産の需要が拡 大するとの観測から、上海浦東発展銀行や万科企業を中心に銀行株と不動産株が 高い。

ICBCクレディ・スイス・アセット・マネジメントで11億ドル相当の資 産運用に携わるチャン・リン氏(北京在勤)は、「銀行や不動産会社など資産 が主に人民建ての企業は、人民元上昇の恩恵を最も受けるだろう」との見方を 示した。

上海証券取引所と深セン証券取引所の人民元建てA株に連動しているCS I300指数は前日比90.91ポイント(1.8%)高の5037.19と、12日以来の高値 で引けた。前日は2.4%高。年初来の上昇率は147%と、世界の主要株価指数で 最高となっている。

上海証取のA株と外貨建てB株の双方に連動している上海総合指数は前日比

2.1%高の5043.54、深セン証取のA・B両株に連動の深セン総合指数は1.4%上 げ1357.39。

米シティグループが出資する上海浦東発展銀行(600000 CH)は2.04元 (4.3%)高の49.41元。中国最大の上場不動産会社、万科企業(000002 CH) は0.58元(2.1%)高の28.38元。人民元とドルの両通貨建てクレジットカード 発行で国内最大手の招商銀行(600036 CH)は0.90元(2.4%)高の37.81元。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE