アジアの金融株上昇-中国投資公司のモルガンSへの出資を好感

20日のアジア株式相場では、中国銀行や韓 国の国民銀行など金融株が買われている。中国の政府系投資ファンド(ソブリ ン・ウエルス・ファンド、SWF)、中国投資公司(CIC)が米証券大手モル ガン・スタンレーへの出資で合意したことを受け、米住宅ローンの焦げ付きに絡 んだ損失が抑制されるとの安心感が強まった。

三菱UFJフィナンシャル・グループなど日本の銀行株も高い。メガバンク 3行が、要請を受けていた米サブプライム対策基金への最大150億ドル(約1兆 7000億円)の資金協力を見送る方針を固めたとの日本経済新聞の報道がきっか け。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後2時44分現在、前日比0.2%高 の151.85。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE